映し出すもの

worldー自分の目に見えている世界は、他の人にとってはみえていなかったりする。

同じものを見ているのに良く見えたり、悪くみえていたりする。 なぜか。

視覚が肉体の機能だとして、投影され自分の中で見える実質世界は、脳というフィルターを通り、Feel-それぞれの感情-が加わって映写される。

赤ちゃん・思考が働きにくくなったお年寄りは映写機のフィルターがなく、一般的には成人はオトナになるにつれ備わり、いつしか固定されてしまう。

映し出される世界。見えているものは、自分の色眼鏡そのもの。今日が楽しく素晴らしいと感ずれば毎日が素晴らしくなるのだ。

Words by Naoko